会員からの質問

整体院を開業しても疑問や質問は付きません。また、お知り合いの方から相談を受けることもあるでしょう。
そんなときは、私に質問して下されば、なんなりとお答えします。安心して対処してください。

例えば、会員からのリアルなこんな質問に、こんなふうに回答しています。

【質問】1年前から歩行器を使ってやっと歩いている患者様がいます。76歳なのですが、歩行器なしで歩けるようになるでしょうか? ちなみに腰や背中などパンパンに固くなってます。

【遠藤先生からの回答】
まだ歩行器を使って1年なら、今後歩行器なしで歩けるようになる可能性は十分あります。逆に長い年数を歩行器の頼りになっていれば、その可能性は下がります。

そもそも、事故とか怪我とかのきっかけがあって歩行器の世話になることになったのか?←これは厳しいかもしれません。

これと言ったキッカケはなくて腰が痛くて、腰が曲がってきたから・・・、と言うのであれば、歩行器がいらなくなる可能性は、より高いです。歩行器を使い出してからの年数が短いほど有利だとお考え下さい。

その患者さん、多分、歩行器の世話になっても、歩くとき腰は痛いはずです。

すぐに歩行器なしで歩けるようにはならなくても、まずは歩行中や普段の腰痛は、施術で軽くなるはずなので、その変化も体感させてあげてください。

そしてやがて、体感が安定して骨格も改善してくれば、徐々に歩行器はいらなくなってくると思います。

施術についてですが、CAT3のブロックを入れてください。18〜20分は必要です。

メンタルが落ち込んでいても、「なんだか、うまくいけば、また歩けるようになるかもなぁ〜‼」️って、思ってくれたらしめたものです。

実際、私の患者さんで90才くらいの人、腰痛で半年間寝たきりな状態でうちに来て、確か3ヶ月くらいで家の周り散歩したり、半年後には歩いて30分くらいかけて買い物行ったり出来るようになりましたよ。

曲がった腰や曲がり掛けた腰が改善したケースは、他にも何人もあるので、大丈夫だと思います。
自信を持って、でも焦らずに、ある程度気長に施術して、その患者さんを改善して差し上げてください。